FC2ブログ

情報リテラシー論 第12回 ラジオ離れと音声認識技術

未分類
12 /12 2018
情報リテラシー論 第12回 ラジオ離れと音声認識技術
オープニング
先生が出演したNHKの番組!~キャッシュレス決済
日本にはクレジットカードは普及している。
しかし、海外では、QRコード決済が主流。外国人観光客の人気を集めるためには、QRコード決済の導入が懸命!

また、もう一つのメリットがある!ここをもう少し、取り上げてほしかったけれどいろいろな問題があるのかな??
クレジットカードは、お店の人に渡して機械に通して使用する。もし、その機械に個人情報を盗み取る機能がついていたら・・・?
という、リスクがある。
一方で中国では、QRコード決済が主流。日本もQRコード決済を普及させて、自分の身は自分で守りたい。

QRコード決済はインターネットを使うので、回線に障害があると使えない!突然の通信障害には注意!

〇放送されたニュースをみて、キャッシュレス決済のメリットとして、お金やカードを持ち歩かなくてもよい というのは、そのまますぎる!と思った。
お金を実際に渡すという行為がなくなったら、日本からお金がなくなっていつか博物館とかに貯蔵されるのかなと考えると面白い。
私はクレジットカードなどのお金の現物を介さない買い物の危険性をなんども中学や高校、家などで教わったので、まったく良いイメージがない。クレジットカード=危ない!!という感じ、、、。
でも、QRコード決済ならカードと違って、もし落としたとしてもスマホのロックが解除できない限り悪用されないからとても良いと思う!
でも、お金の現物を見ていないと金銭感覚がくるってしまいそうだから、感覚になれるまで慎重にお金を使わないといけないと思う。


震災で注目されたラジオ
〇ラジオはテレビに比べて、映像がない分、震災で過剰になっている恐怖心をあおりにくいと思う。
また、音楽がかかることが多いので、気分が穏やかになるのではないか。
3.11の時のラジオを再び聞いた時は鳥肌が立った。


防災ラジオ ワキヤ技研株式会社 (新潟県長岡市) wakiya-giken.com/
災害の時に自動で電源が入り、放送が流れるしくみを開発。

〇災害の時に自分で電源をつけることは、気が動転していて大変そうだからとても良いと思う。
NHKにもそういうサービスがあるらしいけれど、まわりに使っている人はあまりいない。


各国でラジオ終了
・ノルウェーがFMラジオ終了(2017年)
・ドイツ、フランスで中波AMラジオ終了(2015年)

AMとFMの違い
・AM (振幅変調)
広い地域で聞けるが雑音が入りやすい。
・FM(周波数変調)
狭い地域で聞ける。音質が良い。

〇AMとFMの違いは知らなかった。ラジオを自分から聴こうと思ったのは車に乗るようになってからなので、最近までまったくどんな番組があるのか知らなった。CMもネタ系が多くて面白い!交通整理の人や工場で働いている人はよく聞いているイメージ。でも、年齢層が高いと思うのでこれからの世代がラジオ以外に流れていったらどうなるのかなと思う。

インターネットで聞けるラジオ
・Podcast
・radiko ご当地放送が聴ける
・ツイキャス


SIMなし、ネット環境なしでFMラジオが聞ける!
イヤホンにFMアンテナが内蔵されたもの。

詳しくは先生のブログをご覧ください!

音声翻訳機能
・スカイプに自動で翻訳する機能が付いた(2014年)
    ↑ネット環境があるかどうかが大きな違い↓
・完全ワイヤレスイヤホン 「TwoBow」
・オフライン音声翻訳機 「ili」
アプリの機能ではなく精密機械なのでお金はかかるが、回線に左右されないところが大きなメリット。

〇英語が苦手な人にやさしい世の中になりそうで嬉しい
通訳さんは電話対応の時も働いているけれど、それがなくなりそうだと思った。
何か新しい機能ができるとそれに代わられたものはなくなってしまうのかと思うと少しさみしいけれど、
人にしかできないサービスに徹することができたらいいなと思う。


盛り上がる音声機能
OK!グーグルがアイフォンでも利用可能へ。
音声を人工知能が自動で文字起こし。(記者がインタビューするときに重宝しそう。)
自分の声の分身をつくれるアイフォンアプリ「コエステーション」
キャラクターのコエにリアルタイム変換するアプリ「リアチェンvoice」(好きなキャラになんでもいってもらえる・・・。)
グーグルアシストが人間のように電話して店を予約可能に!

・・・これからグーグルで音声の検索結果がでるのでは!?
ちなみに、音声検索においては、グーグルよりビングがシェアを占める。

〇音声なら作業をしながらでも情報が入ってくるので、お皿洗いとか洗濯してる時に便利だし、電車のなかでは画面を誰かにみられることもないのでいいかもしれない。
でも音声は視覚情報よりも、読み終わるのに時間がかかりそうだと思った。

音声認識技術の変化で今後気を付けることは?
一般人の方がツイキャスをしたり、ソフトで生放送をしたりすると、身バレしてしまう可能性があると思います。音声認識技術が、警察やユーチューブなど以外の一般の人にも普及してしまうと、ネット炎上や個人情報流出の危険があると思います。


今回気になったブログ
漫画にでてくる主人公の表情がとても好き
ゆる~いイラストながら充実した内容でとてもおすすめです!

ネット・ビジネスアナリスト 横田秀琳
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

情報リテラッシー

情報リテラシー論を受講している大学生です。